自分自身を100%生き、人生をエンジョイしながら、毎日をゴキゲンに過ごす。

たぬまん

会社設立 ビジネス・お金

自分でやろうぜ法人登記!株式会社の作り方(まとめ)設立費用は21万円なり

投稿日:2017年1月7日 更新日:

発起人1人、取締役1人、取締役会なしの株式会社を自分で作る!!

こんにちは、管理人です。
この度わたくしは、自分で、自力で株式会社を設立(登記)いたしました。

興味本位で自分で作ってみることにしたのですが、はじめは「法人登記」といっても、いったい何から手を付けていいやら…という感じだったのですが、ひととおり手続きを終えた感想としては、そんなに大したことはない、ビビることはない、という印象です。

定款にしても法務局に提出する添付書類にしても、ちゃんとテンプレート化された雛形があるわけで、基本は必要な書類の、必要なところだけを穴埋めすれば完了しますから、行政書士などによる代行サービスが成り立つのもうなずけます。専門家だったらなんてことない作業だと思います。

 

これから会社を設立されるご予定のあなたは、どちらの方法を選択されても良いと思います。さくっと代行業者に依頼するもよし、わたしのように手続きを楽しむもよしw

このページでは、わたしが自分で法人登記の手続きを進めてきた過程をまとめてありますので、ご自身で会社を設立されたい方にとっては、きっと役に立つんじゃないかと思いますし、代行業者に依頼するにしても、なんの手続き、どんな書類作成を代行してもらってるのか?ということが分かると思うので、一読しておいて無駄にはならないはずです。

 

 

ところで、会社を作るには『なに』をしたらいいの?

ゴールから逆算する会社設立!株式会社の作り方(個人事業主から法人成り)

もくじ - INDEX1 会社を作るっていうのは、法務局で法人登記すること。2 会社の設立に必要な書類たち(法務局で提出するもの)3 1人発起人、1人取締役、取締役会なしの株式会社を作るときに必要な書 ...

続きを見る

まずはこちらの記事から読まれることをおすすめします。
てゆーか株式会社の設立って、なにしたらいいの?ということが分かります。

ともかく素人には難解に見える法人登記の手続きですが、最終的に何をすれば完了なのか?「ゴール」から逆算してみると、自分でもできそうな気がするはずです。

 

 

会社の実印・ハンコをつくる

会社を作りますと、当然ですが法人の実印が必要になります。

ですから業者にハンコを注文しないといけないのですが、世論的には、会社を設立したらなんとな~く3本セット(法人実印/銀行印/角印)を買うような風潮があるかと思うのですが、ほんとに3本も必要なの?というお話です。

 

いや、3本セットを購入しても全然オッケーですし、どんな素材で、どんな書体で、どんなサイズのハンコを買おうと、さらにゴム印まで合わせて4本セットを買おうと自由なのですが、ぜったいに必要なのは代表者印(法人実印)1本です。 ですからあとは、その人それぞれの趣味の問題ということになります。

ぶっちゃけ、わたしと同じように一人社長なのであれば、実印1本で十分と思います。わざわざ銀行印を分けることもないでしょう。

あとは社印(角印)を使うシーンがあるかどうかですが、もしたまにでも使うということであれば、社印なんてものはただの認印ですから、電子印鑑で十分です。
クリックスタンパーなどのフリーソフトで簡単に作れるので、参考にしてください。

 

ぶっちゃけ、会社の実印1本で十分だとおもう

法人設立で印鑑作成(代表者印/法人実印)! てか、銀行印とか角印(社印)ってホントにいるの?

もくじ - INDEX1 法務局に登録する会社法人の印鑑を作る!!2 絶対いるのは「会社実印」だけ、「銀行印」と「角印(社印)」は、なくてもOK。3 使用頻度が少ないなら、認印として使う角印(社印)は ...

続きを見る

 

クリックスタンパーで簡単に電子印鑑作れます(社印/角印)

無料ソフトの『クリックスタンパー』を使って、電子印鑑の角印(会社印)を作ってみよう!!

もくじ - INDEX1 フリーソフトで電子印鑑(会社印/角印)を作成する2 角印(会社印)を作るフリーソフトには「クリックスタンパー」を使います。3 「ピクセル」と「ミリ」を変換・調整して、サイズ2 ...

続きを見る

 

エクセルやPDFファイルに電子印鑑を捺印するには?

エクセルやPDFファイルに電子印鑑を捺印する方法。フリーソフトの『PDF-XChange Viewer』を使用します!

もくじ - INDEX1 Excelファイルに電子印鑑の会社印(角印)を捺印する方法1.1 さっそくエクセルの請求書テンプレを開きますと、サンプルの電子印鑑がすでに貼ってあるので、これを削除しましょう ...

続きを見る

 

 

会社の決まり・定款をつくる

定款はいわば ”会社のルール” ですが、これもそんなに難しくありません。
法務局のテンプレートを初めて見たときは、うっ…、と拒否反応が出るかもしれませんが、ひとつひとつ必要事項を記入するだけです。

商号(会社名)はよそとかぶってなければ、基本的にどんな名前を付けても大丈夫ですし(変な記号とか、そういうのは除いて)、事務所を構える本店住所も決まってるでしょうから、それを記入するだけ。目的は、いま行っている事業のほかに将来やるかもしれない事業を記載して、最後に「前各号に附帯関連する一切の事業」を加えておけばオッケーです。

 

資本金は1000万円未満であればいくらでもいいと思いますが、法人口座を開設するときの銀行の心象を考慮すると、最低50万か100万くらいあれば大丈夫でしょう。いくら1円でも設立できるからって、ほんとに資本金1円はよろしくないと思います。

公告に関しては、「官報に掲載して行う」でも「電子公告により行う」でも、どっちでもOKだと思います。一応義務になってるようですが、現実には税理士の先生いわく「公告!?なにそれ!?の世界です~。(原文ママ)」とのことなのでw

あと、必要書類の記事にも書いていますが、公証役場で定款を認証してもらう際に「印鑑証明書」が必要になります。これ、法務局で申請するときにも1通必要なので、あわせて2通とっておくとよろしいかと思います。

 

さすがに電子定款を自作はしんどい

自分で会社設立の準備しても全然OKだけど、さすがに「電子定款」だけは代行業者に依頼した方がいいっぽい件。

電子定款にすると印紙代の4万円を節約できる 株式会社を設立する準備を進めていますが、行政書士や司法書士さんに丸投げするのではなく、できるところは自分でやってみよう!というスタンスで取り組んでいます。 ...

続きを見る

 

原子定款の原稿を公証役場の先生にチェックしてもらう

原子定款の原稿(法務局のテンプレ使用)をチェックしてもらいに公証役場に行ってきた結果。

もくじ - INDEX1 公証人を務めるのは判事および検事経験者、さらに法務局長などの法務省職員OBたち2 公証人は公務員でありながら「独立採算制」3 法務局にある定款のテンプレートは完璧じゃないので ...

続きを見る

 

電子定款の認証代行サービスをつかう

電子定款の認証代行サービスを利用して、公証人チェック→定款PDFに電子署名→オンライン申請

電子定款の作成と、申請用総合ソフトを使ったオンラインの認証申請を代行してくれる業者をさがす 先日、公証役場に足を運んで公証人の方に定款の原稿をチェックしていただきました。 法務局にあったテンプレを使っ ...

続きを見る

 

定款認証の必要書類と手数料

これだけあれば大丈夫!電子定款認証の「必要書類」と「手数料」まとめ

もくじ - INDEX1 電磁的記録(pdfファイル)にした定款を、公証役場の公証人に認証してもらおう2 定款認証のために公証役場に持参する必要書類2.1 定款が綴られた委任状 1部2.2 発起人の印 ...

続きを見る

 

 

法務局で法人登記の手続き

定款認証が完了したら、あとは必要書類をまとめて法務局に行くのみです。
この段階で、印鑑証明書あります、定款(謄本)できてます。

払込を証する書面」については、発起人であるあなたの銀行口座に、実際に資本金が入金されているという証拠を作らないといけません。預金残高ではなくて、100万円なり200万円なり、資本金と同じ額の入金があったことを示さないといけない。

のでワタクシは、非常にあほくさい手続きではあるのですが、窓口のおねーさんに怪訝な顔をされながら、資本金分のお金をいったん引き出して、おなじ口座にふたたび入金する、という作業をやってもらいました。

 

理由を説明したら、「あっ、そうなんですね♪」っていってましたけど、はじめは「はぁ? おまえ、アホなの?」って顔でこちらを見ておりました(笑)

ちなみに入金の日付ですが、定款認証日とおなじでもオッケーですが、認証日以降に入金した方が安パイです。逆に定款認証より前に入金しちゃうとダメっていう法務局が多いそうなので、お気を付けくださいませ。

 

登記すべき事項」については、法務省の「登記事項の作成例一覧ページ」にある「0001株式・設立.txt」を参考にしてテキストファイルを作成し、CD-Rに保存します。

ほかの書類については定款と相談しながらですが、ひとり社長の場合は「設立時取締役の就任承諾書」があれば、とりあえずOKだとおもいます。念のため、法務局に電話して確認すると間違いないかと。

ということでここまで来たら、登録免許税の15万円を握りしめて、法務局へGO!! です。

一連の手続きをいきなり全部やろうとすると混乱しますが、ひとつひとつ順を追ってすすめていけば、なんてことありません。自分でやっても十分にできますので、会社設立を自力でやりたい方は、ぜひ参考にしてくださいませ。

 

最後に、かかった費用をまとめておきます。

会社実印 1本(ケース付):6,660円
電子定款作成代行:4,320円
定款認証:51,940円
登録免許税:150,000円

しめて、212,920円 なり。

 

必要書類と税金をもって、いざ法務局へ行く!!

いざ法務局へ!株式会社設立の登記申請書と添付書類、収入印紙代15万円を持っていく

もくじ - INDEX1 法務局に行って法人登記を申請してきた2 株式会社を設立するのに必要な書類一式(&登録免許税15万円)2.1 株式会社設立登記申請書2.2 申請書に添付する書類2.3 法人登記 ...

続きを見る

個人事業主の名刺作成!おしゃれなデザイン名刺が格安980円で作れちゃう?

もくじ - INDEX1 個人事業主になったら「名刺」を作りましょう1.1 なにが楽って、名刺を持ってると自己紹介がラク2 おしゃれなデザイン名刺がサクッと簡単に作れます3 3ステップで作る!インター ...

続きを見る

 

レクタングル大(336×280)

レクタングル大(336×280)

人生の『ヒント』が見つかるかも

-会社設立, ビジネス・お金

Copyright© たぬまん , 2017 All Rights Reserved.