自分自身を100%生き、人生をエンジョイしながら、毎日をゴキゲンに過ごす。

たぬまん

会社設立 ビジネス・お金

原子定款の原稿(法務局のテンプレ使用)をチェックしてもらいに公証役場に行ってきた結果。

投稿日:2016年12月20日 更新日:

公証人を務めるのは判事および検事経験者、さらに法務局長などの法務省職員OBたち

原子定款の原稿ができたので、公証役場へ行ってきました。といっても、法務局にあるテンプレを使って、必要なところだけ修正したものですけど。

電子定款にする予定なので、そのまえに原稿を見てもらって、チェックしてもらおうと思いまして。

 

で、はじめて公証役場というところに足を運んだのですが、ほにゃらら会館というところの一室が公証役場になっていまして、室内には受付らしき女性1名と、公証人らしき男性1名の、計2名しかいませんでした。もっと人が大勢いる事務所的なところをイメージしてたので、ちょっと拍子抜けしましたが、公証役場への問い合わせを2名でさばいていると思うと、結構忙しいかも知れません。

ところで、そもそも「公証人とはなんぞや?」ということを知りませんでしたので、ウィキペディアを参照してみますと、

公証人(こうしょうにん)とは、ある事実の存在、もしくは契約等の法律行為の適法性等について、公権力を根拠に証明・認証する者のことである。

日本においては公証人法に基づき、法務大臣が任命する公務員で、全国各地の公証役場で公正証書の作成、定款や私署証書(私文書)の認証、事実実験、確定日付の付与などを行う。2000年9月1日現在、日本全国で公証人は543名、公証役場数は299箇所ある。

参考ページ公証人 - Wikipedia

 

法務大臣が任命することになっているようで、たしかに任命書が壁に掛けられていました。で、公証人は、資格を有するものから法務大臣が任命する、となっているんですが、どんな人が対象になるのかというと、

公証人試験の合格者、実務経験のある裁判官、検察官、弁護士、法務局長などだが、弁護士出身者はほとんどおらず、その大半を判事経験者、検事経験者、法務局長など法務省職員OBで占めているとのことです。

たしかに法律に詳しそうで、頭の良さそうな方でした。当然ですけど。

 

 

公証人は公務員でありながら「独立採算制」

で、「報酬」のところの記述が面白かったのですが、

公証人は公務員だが、指定された地域に自分で役場(公証人役場)を開き、書記らを雇って職務を遂行する。国家から俸給を得るのではなく、依頼人から受け取る手数料が収入源の独立採算制である。手数料は公証人手数料令(平成5年政令第224号)で定められている。当然、扱い件数の多い東京や大阪などの大都市では、年収3,000万円を超える公証人も多数存在する。

 

となっていました。
公務員でありながら ”独立採算制” なんですね。
これは面白いと思いました。

さらに、受付業務をこなしていた女性は、自分で雇った書記ということです。

 

 

法務局にある定款のテンプレートは完璧じゃないので気を付けよう。

で、本題に戻りまして、公証人の方に定款の原稿を見ていただいた結果なのですが、かなり細かく修正してくださいました。でもその大半は、こことここの間を一行開けるように、とか、見た目に関するもので、しかもこっちは法務局のテンプレートをベースに使ってるわけで、なんだかな~という気はしましたけど、ともかく、プロにチェックしてもらえたので良かったです。

なので、法務局にある定款のテンプレを使う際には、見やすく修正した方が良いです。たとえば「第1章 総則」と「(商号)」の間を1行開けるとか、段落のはじまりをそろえるとか、そういうとこですね。あと、第9条の(質権の登録及び信託財産の表示)のところも、「表示」ではなくて「請求」に修正されました。(質権の登録及び信託財産の請求)が正解のようです。

 

ということで、原子定款の原稿もできましたので、つぎはこれを電子定款にしてくれる代行業者さんを選定して、依頼したいと思います!!

電子定款の認証代行サービスを利用して、公証人チェック→定款PDFに電子署名→オンライン申請

電子定款の作成と、申請用総合ソフトを使ったオンラインの認証申請を代行してくれる業者をさがす 先日、公証役場に足を運んで公証人の方に定款の原稿をチェックしていただきました。 法務局にあったテンプレを使っ ...

続きを見る

 

レクタングル大(336×280)

レクタングル大(336×280)

人生の『ヒント』が見つかるかも

-会社設立, ビジネス・お金

Copyright© たぬまん , 2017 AllRights Reserved.