自分自身を100%生き、人生をエンジョイしながら、毎日をゴキゲンに過ごす。

たぬまん

格安SIM IT・パソコン・ソフトウェア

mineo(マイネオ)と楽天モバイルを比較! で、どっちがいいの?

投稿日:2017年3月9日 更新日:

携帯電話に「格安SIM」という選択肢が増えました

こんにちは、たぬまんです。
先ほどニュース番組で気象予報士の方が「春の訪れはもう少し先になりそうです~」といってましたけど、でもだいぶ暖かくなりましたよね。梅も満開です。

春といえば新生活ですが、子どもから携帯電話をせがまれている親御さんも多いんじゃないでしょうか。そろそろ買ってよとw テレビでもdocomo、au、ソフトバンクと、各社学生をターゲットにしたCM流してますしね。

 

で、これまではドコモなどのキャリア携帯しかなかったわけですが、ここ数年でそこに「格安SIM」という選択肢が加わることになりました。

格安SIMというのは、ドコモやauなどから回線をレンタルして消費者にサービスを提供している事業者で、「MVNO」などと呼んだりもしますが、とにかくその特徴は「安い」ということです。もうキャリアとくらべると値段が全然違う。

なので子どもの携帯は格安スマホで、とお考えのお父さんお母さんも少なくないと思うのですが、わたしもその考えには賛成です。特別な理由がないのであれば、これから携帯をもつならば「格安SIM一択」でいいんじゃないかと思います。

 

 

人気の格安SIM「mineo」と「楽天モバイル」を比較します

で今回は、そんな格安SIMのなかでも人気の「mineo」と「楽天モバイル」を比較してみたいと思うのですが、プランの大枠としては、この2社はとてもよく似ています。だからどっちにしようか迷っている方も多いのかもしれませんが、スペック的にぱっと見は、ほぼ互角です。

楽天モバイルとmineo(マイネオ)の別エントリーはこちら

楽天モバイルに乗り換えるなら「スマホ本体+通話SIM」のコミコミプラン(5分かけ放題)が良さげです

もくじ - INDEX1 5分かけ放題(無料通話)もある楽天モバイルの格安SIMに乗り換える?2 MNPでおなじ携帯番号のまま移行するなら「通話SIM」プラン2.1 携帯の電話番号を変えたくないなら「 ...

続きを見る

楽天モバイルと互角!! 格安SIMのmineo(マイネオ)でも「5分かけ放題」の無料通話

もくじ - INDEX1 「ドコモ回線」にも「au回線」にも対応している格安SIMのmineo(マイネオ)2 mineoの料金プランは楽天モバイルとほぼ同じ2.1 マイネオでも国内通話が何度でも無料に ...

続きを見る

 

比較条件

  • 通話SIM
  • 高速データ容量3GB
  • 5分かけ放題

 

下の表をごらんください。

こちらは「格安SIMカードのみを購入」した場合でくらべていますが、MNP(番号ポータビリティ)で今までの番号をそのまま使う通話SIMプラン、5分間のかけ放題つき、データ容量3GBという条件で比較してみると、気持ちのいいくらいに両社はほぼ互角です。どちらも2年使っても6万円でおつりが来ます。

 

通話SIM、5分かけ放題、高速データ通信3GBで比較すると

ですから、細かいところは気にしないっていう方でしたら、もう「好き嫌い」で決めていいレベルと思います。わたしは楽天モバイルの方が好き、いや、わたしはmineoの方が気に入っている、そんな感じで印象で決めても大きな失敗はないでしょう。

  月額料金 かけ放題 データ容量 特色 2年間の総額
楽天モバイル 2,450円 5分 3.1GB ポイント特典 57,200円
マイネオ 2,450円 5分 3GB フリータンク 56,400円

※2017年3月現在におけるデータです。
※楽天モバイルのポイントバックは考慮していません。

 

このように「mineo」と「楽天モバイル」を比べてみると、両者のプランや料金体系は非常に似通っているので、たとえば今ドコモなどのキャリア携帯をお使いで、どっちにしようか迷ってずっとドコモから乗り換えられずにいるというのであれば、もうどっちでもいいから「今すぐ」乗り換えた方がいいです。

料金が全然違いますからね。キャリアから乗り換えて2年も使ったら、たぶん10万円くらい節約できると思います。

 

 

mineo(マイネオ)独自の特徴

mineoユーザー同士でパケットをシェアできる「フリータンク」

「mineo」と「楽天モバイル」の料金体系はよく似ているのですが、もちろん特徴的なところもあります。mineo(マイネオ)でいったら「フリータンク」という仕組みがそれですね。

フリータンクはなかなかユニークな仕組みですが、あるデータ容量を契約していたとして、たとえば5GBなら5GBのパケットを毎月きれいに使い切るかといえば、決してそんなことはないと思うんですね。

パケットを余らせることはよくあるだろうし、逆に、ちょっと足りないな…ということも起こりうると思うんです。

そんなときに「あまったパケットは分け合えて、足りなくなったら引き出せる」という助け合いの精神によって成り立っているシステムが、フリータンクです。

これまで家族間でパケットをシェアするというのはありましたが、mineoユーザー同士でシェアするというのは結構斬新だと思います。もちろん引き出せるパケットの量には上限などが設けられていますが、意外とうまく回ってるみたいです。

こういうのが好きな方は、mineo(マイネオ)の方が合ってるんじゃないかと思います。

 

 

楽天モバイル独自の特徴

「楽天ポイントのポイントバック」や「キャッシュバック」がある

いっぽう楽天モバイルの特徴を見てみますと、まず楽天だけに楽天ポイントをプレゼントするという何かしらのキャンペーンをやっています。いま現在(2017年3月)ですと、SoftBank、auから乗り換える方を対象に、5,000円のポイントバック、もしくは5,000円キャッシュバックという「ドコモ回線へのりかえキャンペーン」をやっています。(3月10日~人数限定)

ので、こういったキャンペーン分を考慮すると、ポイント分だけmineoよりも安くなります。

 

スマホ本体込みの「コミコミプラン」が安い

また楽天モバイルには、月額基本料+スマホ本体+5分かけ放題つきの「コミコミプラン」というのがあって、高速データ通信の容量が2GBないし4GBなので、厳密には比べられないのですが(mineoには2GBのプランも4GBのプランもないため)、スマホ本体もセットで購入するのであれば、かなりお得になっています。

とくに機種にこだわりがないのであれば、一番安い「コミコミプランS(2GB)」でいいと思うのですが、このプランで2年間(24ヵ月)使ったとすると、使用料は合計で58,320円です。本体込みで6万円を切ります。

また、ひとつ上のコミコミプランM(2GB)にしても2年で71,520円ですし、その上のコミコミプランL(4GB)なら83,520円です。スマホ本体の料金も込みでこの値段はかなり安いと思います。

このように見ていくと「スマホ本体もいっしょに購入する」予定であれば、楽天モバイルに軍配が上がりそうです。

関連ページ楽天モバイルのコミコミプランと期間限定のスプリングキャンペーンを比較

 

家族間でパケットをシェアできる「データシェア」

それから楽天モバイルには、残った高速データ通信量をくりこして、家族間でシェアできる「データシェア」という仕組みがあるのですが、これはかなりインパクトがあります。ドコモなどの対キャリア携帯を想定していると思われるプランで、もう家族ごと、キャリアからごっそりと乗り換えさせたい!そんな意気込みを感じるプランですw

最大5人までシェアできるので、家族内でパケットをシェアして使いたいという場合は、かなり魅力的なオプションといえるんじゃないでしょうか。

家族間でパケットをシェアするというのはmineoにはない仕組みですが、これはmineoなどの格安SIM他社というよりも、現在キャリア携帯をつかっているユーザーを対象にしたオプションかと思います。

ともあれ、家族でパケットをシェアしたいなら、かなりお得だと思います。

 

 

まとめ

格安の通話SIMカードのみ購入なら

格安の通話SIMカードのみを購入するケースで比較すると、「高速データ容量約3GB」、「5分かけ放題」という条件でみると、両社はほぼ互角です。ただ、楽天モバイルはいつも何かしらのキャンペーンをやっているので、キャッシュバックやポイントバックを考慮すると、多少楽天モバイルの方に分があるといえるかも知れません。

格安SIMカードのみ購入なら楽天モバイルとmineoは、ほぼ互角なので、もう「好き嫌い」で決めていいレベル。だけど、ポイントバック(5千円分とか)がある分、楽天モバイルの方がお得かも。

格安SIMのみ購入ならmineo(マイネオ)楽天モバイル

 

スマホ本体込みで格安SIMを購入するなら

またスマホ本体込みで格安SIMを購入するケースでくらべると、データ通信のパケット量がちがうので厳密な比較はできませんが、こちらも楽天モバイルの方が安いと思います。コミコミプランSならスマホ本体込みで、2年で58,320円ですからね。

格安SIMカードだけじゃなくて、スマホ本体も購入するなら、楽天モバイルのコミコミプランに軍配が上がりそう。

スマホ本体も購入なら楽天モバイル

 

かけ放題で比較するなら

かけ放題に関しては両社とも「850円で5分間、何度でもかけ放題」というオプションを提供していますが、ここに少し変化が出ました。

まず楽天モバイルですが、1回の通話時間が長い人向けに「何分でもかけ放題」オプションが加えられました。こちらを選択するとオプション料金は850円→2,380円となりますが、時間を気にすることなく「何分でも」通話できるようになります。

いっぽうマイネオでは、かけ放題オプションが「5分→10分」に、料金据え置きで拡大されるそうです。(※2017年10月1日より)

オプション料金んは850円のままで、通話時間だけ倍の10分に伸びるということですから、これはかなり大きいですね。かけ放題の時間で見ると、OCNモバイルONEワイモバイル と同等になります。

かけ放題プランに変化ありmineo(マイネオ)楽天モバイル

 

残ったパケットを「シェア」できる

最後、「パケットのシェア」という点で比較すると、mineo(マイネオ)には「フリータンク」というユーザー間でパケットを分け合える制度があって、助け合いの精神でなりたっているようですが、これが意外にもうまく回っているとのこと。

パケットギフトといって、パケットを友達にプレゼントすることもできるので、コミュニケーションのツール的な役割も果たしています。ちょっとしたお礼とか、あいさつ代わりにパケットを送ったり、もらったりできるわけです。

こういう仕組みに魅力を感じるのであれば、mineo(マイネオ)がおすすめです。

 

いっぽう楽天モバイルでは「最大5人」まで、家族や友人と残ったパケットをシェアすることができます。

なので今、ドコモやau、ソフトバンクなどを使ってるんだけど、家族まとめて楽天モバイルに乗り換える、なんていう場合は、メリット「大」だと思います。

パケットのシェアには双方独自性あり。コミュニケーション重視ならmineo、家族全体の安さ重視なら楽天モバイルか。

 

どっちにしても、格安SIMには乗り換えた方がいい

ということでここまで、格安SIMの「mineo(マイネオ)」と「楽天モバイル」について比較してきましたが、大前提としてあるのは、キャリア携帯とくらべたら、

どちらも爆安

ということです。

なのでキャリア携帯から格安SIMに乗り換えることは決めてるんだけど、「mineo」にするか「楽天モバイル」にするか迷ってるうちに、決めきれずに3か月も半年も経ってしまっている…なんていう場合は、もうどっちでもいいからすぐに乗り換えた方が絶対にお得です。

公式サイトmineo(マイネオ)楽天モバイル

 

レクタングル大(336×280)

レクタングル大(336×280)

人生の『ヒント』が見つかるかも

-格安SIM, IT・パソコン・ソフトウェア

Copyright© たぬまん , 2017 All Rights Reserved.