自分自身を100%生き、人生をエンジョイしながら、毎日をゴキゲンに過ごす。

たぬまん

IT・パソコン・ソフトウェア

レノボ(Lenovo)のモバイルノートを安く買うにはeクーポン割引を使え!

投稿日:2018年2月10日 更新日:

eクーポン割引でLenovoのノートパソコンを安く買う

こんにちは、たぬまんです。
まずはじめにレノボのパソコンが安く買える「Web広告限定ストアのeクーポン割引」をご紹介します。

Web広告限定ストアだと3割引、4割引は当たり前なので、もしLenovoのノートパソコンやモバイルノートをお探しの方は、eクーポンを利用した方がお得です。

< レノボのWeb広告限定ストア >

新登場の最新モデルもネット限定の割引価格!
本日のクーポン割引率は?

お得なEクーポンの情報はこちらをクリック

 

 

出先で仕事するためのモバイルノートが欲しい

先日のMicrosoft Officeライセンスのエントリーでも書いたのですが、いま外でも使えるモバイルノートを探してまして、ここ数日、価格コムの検索画面に張り付く日々が続いております。

パソコンって上を見たらキリがないというか、選択肢が多すぎて逆に迷いますよね。それに性能がものすごい勢いで進歩してますから、ムリして高性能の値段の高いパソコンを買うよりも、安いもの、もしくはそこそこのレベルのもので定期的に買い替えた方が賢いのかな、という気もしています。

で、価格.comの検索機能が便利なので、いろいろと絞り込みをしながら睨めっこしていたというわけなのですが。

 

 

コストパフォーマンスが高いLenovoのモバイルノート

わたしはそこまで高性能は求めていないのですが、まず外で使うことが前提なので、持ち運びに便利な軽いもの、モニターサイズの小さいものが候補になります。ディスプレイのサイズは11~12インチくらいが候補です。あとはやはりバッテリーの持ち、稼働時間はなるべく長い方が安心です。

それからハードディスクに関しては、すでにSSDの素晴らしさを体感してしまっているので(関連ページ:起動が遅いと感じたらSSD搭載のパソコンを買おう)、これ以外の選択肢はありません。またwindows10のアップデートなどにも耐えて欲しいので、容量は128GB以上欲しいところ。あと、メモリはとりあえず4GBくらいあればいいかなと思っています。

こんな感じの条件で、なんどか検索をかけてリサーチしたのですが、調べるたびに自分のなかで候補に挙がるのが、やっぱりLenovo(レノボ)なんですよね。価格と性能を照らし合わせると、もうこれ以外に選択肢がないというか。レノボに関しては、めっちゃ売れてるでしょうから、いいレビューも多いですが、なかにはもちろん悪いレビューもあります。

実際わたしも、母にプレゼントしたノートパソコンのバッテリーが1年ちょっとでダメになったことがあり、壊れやすいのかなと感じているところもあります。ですが、値段に対する性能、コストパフォーマンス的なことを考えると、間違いなく魅力的なんですよね。そんなわけで、レノボのモバイルノートをメインに検討しています。

 

 

レノボのWeb広告限定の割引(eクーポンやナイトクーポンなど)

冒頭でも話しましたが、レノボはWeb広告限定の割引、Eクーポンコード適用による割引やナイトクーポン、ナイトセールなどの割引を頻繁にやっており、売り方が非常にうまいです。価格の見せ方といいますか。たとえば販売価格50000円と49800円では、その差はわずか200円なわけですが、印象は全然違うじゃないですか。もう断然ヨンキュッパの方が安く感じます。

 

こんな感じでLenovoでは「Eクーポン」というのを適用すると、割引価格で商品を購入できますよ、という見せ方をしているわけです。10万円のパソコンが4割引きで6万円で買えるってなったら、やっぱりインパクトあるじゃないですか。その「安っす!」って感じさせるやり方がうまいですw

普通に考えれば、いくらで売ることを前提とした定価、販売価格だと思うのですね。つまり6万円で売ることを前提として定価を10万円にしていると。ジャパネットたかたの下取り割引みたいな見せ方ですね。

どこそこの掃除機が49800円なんだけど、今なら下取り20000円で引き取るので、29800円で買えますよ、みたいな。もともと29800円で売るつもりだけど、印象付けの為にあえて最初に提示する金額を49800円にしてるわけです。すると古い掃除機を2万円もらって回収してもらえる、2万円で買い取ってもらえるような錯覚におちいるので、なんだかお得感があるように感じてしまうんだけれど、ただ単に、はじめの49800円が高すぎるだけだという。

 

いまの割引率がついつい気になるw

レノボの場合も、もともと6万円のパソコンです、とするよりも10万円が今ならなんと40%offで6万円になります、の方がインパクトがあるし、すっごい得した気分になれるわけですね。

しかもeクーポンやらナイトセールやら頻繁に割引キャンペーンをやっているので、商品を検討しているユーザーはついつい「いまの割引率はどうなんだ?」と気になってしまうという、非常にうまいカラクリになっています。

< レノボのWeb広告限定ストア >

新登場の最新モデルもネット限定の割引価格!
本日のクーポン割引率は?

お得なEクーポンの情報はこちらをクリック

 

 

いま狙ってるのは「Lenovo Yoga 720」

で、いま現在わたしが最も気になっているのが、「Lenovo Yoga 720」というモデルです。モニターの部分がパコっと裏返せるからヨガなのかわかりませんが、洗練されてカッコイイ印象があるし、値段に対して非常に高性能だと思います。バッテリーもJEITA2.0のテストで8.6時間となっているので、まあ外で4,5時間使うには問題ないのかなと。

もろもろアップグレードできますが、標準仕様でインテルCore i3-7100U プロセッサーが搭載されていて(どんくらい速いとかよく分かってませんが汗)、メモリ4GB、SSD128GB、パソコンとしてもタブレットとしても使えて、重さも1kgちょっとで、さらに定価109080円のところ、eクーポン適用でなんと71993円!!! という価格の見せ方に思わずやられてしまいそうですw

 

下位モデルの「Lenovo Yoga 310」も悪くない

このレベル、この性能で7万ちょっとなら全然買いだなとは思うのですが、ほかの選択肢としては、もう少し安い4万円くらいで買える下位モデルを購入して、不安要素でもあるバッテリーの持続時間に関しては、別途、モバイルバッテリーなどを購入して対応する、というのもありかとは思ってます。

下位モデルというのは、たとえば「Lenovo Yoga 310」あたりですね。ディスプレイのサイズは11.6インチ。たしかに性能の面ではヨガ720にかなり劣りますが、ただそんなに負荷のかかる作業をするわけでもなく、出先でネットにつないだり、文章を打ちこんだりするくらいなら、これでも十分なのかなという気もします。ただバッテリーの稼働時間が5.9時間となっていて、実働で考えるとおそらく3~4時間というところ。

 

モバイルバッテリーで電源を補う使い方もありかも

ちょっと不安がある使用時間ですが、そこはモバイルバッテリーを購入することで対応すれば、PCだけじゃなくてスマホの電池切れの補完にもなるしありかと。

 

現時点でLenovo Yoga 310の最安値が4万円ちょっとなので、1万円くらいのモバイルバッテリーを買って、合計5万でモバイルノートの環境を整えるか、それとも性能を重視して7万ちょっとのLenovo Yoga 720にするか、迷いどころです。CPUの性能が全然違うので、Yoga 720の方が相当快適だとは思うんですけどね。

ということでもうしばらく検討してみます!

< レノボのWeb広告限定ストア >

新登場の最新モデルもネット限定の割引価格!
本日のクーポン割引率は?

お得なEクーポンの情報はこちらをクリック

 

 

  • この記事を書いた人
たぬまん

たぬまん

インターネットを使ったビジネスに取り組み、かれこれ15年ほど経ちます。現在は小さな会社を経営していますが、はじめはバイトしながらのスタートでした。いまハマってるのは筋トレですw

-IT・パソコン・ソフトウェア

Copyright© たぬまん , 2018 All Rights Reserved.