自分自身を100%生き、人生をエンジョイしながら、毎日をゴキゲンに過ごす。

たぬまん

格安SIM IT・パソコン・ソフトウェア

キャリアの携帯電話から格安SIMに乗り換えるメリット・デメリット

投稿日:2017年4月19日 更新日:

ドコモ、au、ソフトバンクから格安スマホに変更する

こんにちは、たぬまんです。
今回はドコモやau、SoftBankなどのキャリア携帯から、いま話題の格安SIMに乗り換えたときのメリット・デメリットについて確認したいと思います。

テレビでCMも流れてますしね。格安SIMに乗り換えたら、なんとなく安くなりそうなんだけど、でもよく分からないな…という方のために、メリットとデメリットをまとめておきます。

 

 

キャリア携帯から格安SIMに乗り換えるメリット

メリットはもう、言わずもがな「料金が安くなる」ということです。キャリアの携帯電話とくらべると、かなり違います。その人のプランにもよりますが、スマホで通話とインターネットも利用しているのであれば、おそらく半額以下になることでしょう。

この利用料金が安くなる、というのが、キャリア(docomo、au、ソフトバンク)の携帯電話から、格安SIMに乗り換える最大のメリットです。

 

格安スマホ、格安SIMってなあに? という方は、こちらのエントリーからご覧ください。

 

格安SIMなのに「かけ放題」がある

また、かけ放題オプションのある格安SIM(MVNO)も増えてきてるので、かなり魅力的になっていると思います。5分ないし10分かけ放題(回数無制限)があって、それでいて月々の料金が3千円くらいだったら、かなり安いですよね。

かけ放題、話し放題プランのある格安SIMは、こちらのエントリーで紹介しています。

 

 

キャリア携帯から格安SIMに乗り換えるデメリット

上記したとおり、料金が安くなるというのが格安SIMに乗り換えたときの最大のメリットであり、しかも最近は「かけ放題」できるプランも登場してきて、ますます格安スマホが魅力的になってきていますが、もちろんデメリットもあるので、ここをしっかりと理解したうえで、乗り換えを検討されると良いと思います。

 

キャリアのメールが使えなくなる

デメリットのひとつめは、ドコモメールなどのキャリアで提供されるメールアドレスが使えなくなる、ということです。「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」といったメールアドレスですね。

格安SIMに乗り換えるということは、ドコモやauなどを解約するということですから、当然「~@docomo.ne.jp」などのキャリメールは使えなくなります。

 

いまはLINEなどでコミュニケーションをとることが多いですし、個人的にはそれほど不都合は感じませんが、というかスパムメールばっかりで逆に困ってたりしませんか?w ともかくメールをよく使う、という方は、gmailなどで代替する必要があります。これがデメリットのひとつ。

 

テザリング機能が使えなくなる

スマホ本体をアクセスポイントとして利用し、インターネットに接続する機能を「テザリング」といいます。必ずしも、というわけではないのですが、ドコモのAndroid端末から格安SIMに乗り換えたとき、その機種によってAPNロック(テザリング制限)がかかり、テザリング機能が使えないケースがあります。

なのでテザリングを頻繁に使うという方は、注意が必要です。ドコモのスマホ端末においては、2016年の発売モデルあたりからAPNロックがない機種も増えていますが、テザリング機能必須!! という場合、一番確実なのはSIMフリー端末を購入する方法です。SIMフリー端末であればAPNロックの心配もありません。

この、テザリング機能が使えないかもしれない、というのがデメリットのふたつめ。

 

LINE(ライン)のID検索が使えない

LINEの「ID検索」を使うには年齢確認が必要です。で、現状どうやって年齢認証しているかというと、キャリア側(ドコモ、au、ソフトバンク)の契約内容を照会することで確認するようになっています。

しかし格安SIMに乗り換えたということは、ドコモやソフトバンクを解約しているということですから、キャリメールのときと同じように、すでにドコモの契約情報を見ることができません。

 

なので、キャリアの携帯電話から格安SIMに乗り換えると、LINEのID検索が使えなくなります。この解決方法はいくつかあって、ひとつはLINEの格安SIMを選べば、いままでどおりID検索できます。LINEモバイルですね。

ほかには「LINEの自分専用URLを発行して相手に知らせる」といった方法で、「友だち追加」することができます、LINEのID検索関連は、こちらのエントリーをご覧ください。

 

ショップが少ない。サポートが弱い。

あとは、キャリアとくらべると実店舗が圧倒的に少ない、という点が挙げられます。まあこれは仕方のないことでしょう。キャリアショップに行ったら、カウンターにずらーっと受付のお姉さんがいるじゃないですか。

ああいった大量の人件費を削減することで、格安SIMは低価格でサービスを提供できている、という側面もあるでしょうから。

なので、何でもかんでもショップに行かないとできない、という方は格安SIMは向いてないかもしれません。ただ、たとえば楽天モバイルなんかを見てみると、都内にはかなりの専門ショップがあるので、そんなに不便は感じないのではと思います。

 

 

まとめ

ということで、キャリアの携帯電話から格安SIM・格安スマホに乗り換えたときのメリット、デメリットについて見てきました。

やはりいい点、メリットばかりに注目されがちですが、料金は圧倒的に安くなるけれど、その一方で、デメリットも当然あるので、そこを理解したうえで乗り換えを検討されると良いかと思います。

デメリットがどのくらいデメリットになるか? というのは人それぞれかと思いますが、わたし的には、キャリアメールが使えない、テザリング機能が使えないかも? LINEのID検索が使えないかも? というのは、それほど大きなウィークポイントにはなっていません。テザリングとか使ったことないですしw

 

なんにしても、やはり格安SIMの料金の安さは魅力です。スマホでネットができて、かけ放題がついて、それで月額3,000円でおつりがくるというのは、キャリア携帯の感覚からいうと、衝撃の価格ですよね。

 

  • この記事を書いた人
たぬまん

たぬまん

インターネットを使ったビジネスに取り組み、かれこれ15年ほど経ちます。現在は小さな会社を経営していますが、はじめはバイトしながらのスタートでした。いまハマってるのは筋トレですw

-格安SIM, IT・パソコン・ソフトウェア

Copyright© たぬまん , 2018 All Rights Reserved.