自分自身を100%生き、人生をエンジョイしながら、毎日をゴキゲンに過ごす。

たぬまん

観葉植物 生き方・ライフスタイル

多肉植物の仲間「金のなる木」を葉挿しで増やす実験

投稿日:

金のなる木を葉挿して増やしてみる

こんにちは、たぬまんです。
実家の庭になかなか立派に育った鉢植えの「金のなる木」がありまして、子どもの株がいくつか伸びてきていたので、そのうちの一本をもらってきました。

この金のなる木の株を、そのまま挿し木するのではなく葉挿しにすると、多肉植物っぽくて楽しめるんじゃないかと思いまして、実験してみたいと思います。

 

 

卵パックで金のなる木を葉挿しする

初めてなので上手くいくかはわかりません。
あと、子株をもらってきてからしばらく放置してしまったため、ちょっと萎れてしまっています。

今回は卵パックをつかって実験することにしました。穴を開けていないので水がはけませんが、ほんの少量の土なので、ときどき霧吹きで水分を与える形で様子を見たいと思います。

 

葉挿しに使う用土はブレンド配合

葉挿しの土ですが、例のごとく手持ちの土を超適当に配合して使います。容器が卵パックなので用土もごく少量なのですが、赤玉土、ピートモス、バーミキュライト、パーライトあたりをブレンドしました。

 

ブレンドに使った土

 

 

土を湿らせて金のなる木の葉っぱを挿す

あとは土を霧吹きで湿らせて、金のなる木の葉っぱを挿したら完了です。金のなる木を葉挿しにするときは乾燥させる、水はいらないという説明もあったのですが、子株を長い間乾燥状態で放置してしまったため、今回は用土を十分に湿らせて、水分たっぷり状態にすることにしました。

しばらくこんな感じで様子を見たいと思います。新芽が顔を出すなど、なにか面白い変化がありましたら報告いたします!

 

 

レクタングル大(336×280)

レクタングル大(336×280)

人生の『ヒント』が見つかるかも

-観葉植物, 生き方・ライフスタイル

Copyright© たぬまん , 2017 AllRights Reserved.