自分自身を100%生き、人生をエンジョイしながら、毎日をゴキゲンに過ごす。

たぬまん

生き方・ライフスタイル

Amazonのマーケットプレイス詐欺に引っかかったっぽいんだけど

投稿日:2017年4月27日 更新日:

Amazonのマーケットプレイスの激安出品に気を付けて!

こんにちは、たぬまんです。
今朝起きてパソコンを立ち上げたところ、yahooのトップページに「Amazon格安出品 各社注意促す」の文字が。

関連ページAmazonマーケットプレイス詐欺にメーカーが注意喚起 正規の業者が出品停止になる影響も?

 

気になってエントリーを読んでみると、どうやらAmazonのマーケットプレイスに怪しいアカウントが増えていて、商品を不正に安く出品しているとのことなんですけれども。

それって、

昨今のヤマトの宅配問題ではないですが、わたくし書籍はもちろん電化製品やプロテイン、小鳥のごはんに至るまで、なんでもアマゾンで買ってしまうそこそこのヘビーユーザーでして、ちょうど昨日も観葉植物用の剪定ばさみやワイヤレスのヘッドホンなどを注文したところでした。

たしかに激安でしたw

 

「Amazon Price Tracker」でアマゾン商品の価格変動をチェック

で、わたくしamazon商品の価格変動が分かるアドオン「Amazon Price Tracker」を入れておりますので、いつも商品価格の履歴をチェックしながら購入してるんですが、たしかに4月に入ってから、ときどきボコっと価格が大暴落している商品がいくつもありまして、

今回もたしかに激安だったんですけど、いってもアマゾンのマーケットプレイスだから心配しなくても大丈夫っしょ。ということで購入ボタンをクリックした次第でございます。ちなみに「Amazon Price Tracker」はとても便利なので、Chromeに追加しておくといいです。

関連ページアマゾン商品の価格変動が分かるアドオン「Amazon Price Tracker」

 

 

Amazonのマーケットプレイス詐欺とは?

で、今回のAmazonで激安商品が出品されるマーケットプレイス詐欺なんですが、Yahoo!ニュースのでどころは「ねとらぼ」のようで、こちらのエントリーも覗いてみますと、

関連ページ詐欺マーケットプレイスが多発? Amazonで激安商品を買ったら何も届かなったという報告があがる

 

「購入したが何も届かなかった」「すぐに出品者から購入手続きがキャンセルされた」「ショップごと消えた」という展開で、どうやら商品は届かない模様です。キャンセルされて商品が届かないだけならいいですけど、なんだか気持ち悪いですよね。

で、こんな気持ちの悪いことをして、出品者にはいったい何のメリットがあるの? ということなんですが、ねとらぼによりますと、「購入者の個人情報を不正取得している」「返金システムを知らない購入者の泣き寝入りを期待している」のではないか、とのことでした。

 

 

もし注文しちゃったらどうしたらいい? キャンセルできるの?

今後はAmazonマーケットプレイスの激安出品には注意したいとおもいますが、ところで「すでに注文しちゃったものはどうしたらいいの?」って思いますよね。

ちなみに昨日購入した出品者のうち一社は、ほぼ詐欺用のアカウント確定だと思いますが、念のため現時点では伏字&モザイク処理させてもらいますね。販売者名は「ディ○ク オ○オ○」となっておりました。

Fiskarsを300円で買おうとしてんじゃねーというツッコミは勘弁してくださいw

 

 

電話も通じないし、会社の所在地に建物もたってないとのことなので、たぶん不正アカウント確定でしょう。

で、どうやってキャンセルしたらいいかなんですが、すでに商品は発送済みとのこと。しかもふてぶてしいことに今日、2017年の4月27日に到着予定とかあるじゃないですか!! ぜったい届かないと思うけど。

 

 

Amazonマーケットプレイス保証に申請する

Amazonマーケットプレイス保証という方法もあるようですが、あきらかな詐欺に保証っていうのもどうかと思いますし、保証できるのは「生涯で50回を上限とさせていただきます」とのことなので、あまり乱発したくありません。というか貴重な「生涯で50回」を300円の注文で使いたくありませんw

関連ページAmazonマーケットプレイス保証

 

 

とりあえずカスタマーサービスに連絡しましょう

出品者に連絡したところで、どうせ意味がないでしょうから、「電話」か「チャット」、「Eメール」で解決したいところです。

関連ページAmazonカスタマーサービスに問い合わせる

 

まずは「ライブチャット」を試すことに。

 

やはり問い合わせが殺到してるのか、なかなか繋がりません。

 

 

チャットでアマゾン担当者に質問したところ【結論】

10分ほど待ってようやくライブチャットがつながりまして、担当者にもろもろ質問したのですが、要約しますと、結局上記した「Amazon マーケットプレイス保証」しか手段がないようです。電話やチャットで購入自体をキャンセルにできるかと思ったのですが、それは無理みたい。

で、担当者に確認してもらったところ、ひとつの商品はアカウントに問題があることが分かったので、Amazonマーケットプレイス保証の申請ができる、またこのチャットで申請の代行もできるとのことでした。ので、さっそくAmazonマーケットプレイス保証の申請を代行してもらいました。

詐欺対策は「Amazonマーケットプレイス保証」しかない

詐欺アカウントから商品を購入してしまった場合、Amazonマーケットプレイス保証しか方法なない。購入自体をキャンセルにすることもできない。電話やチャットでAmazonマーケットプレイス保証の申請を代行してもらうことも可能。

 

で、残りの2商品(出品者1アカウント)についてなんですが、明らかに不正アカウントと思われまして、間違いなく商品も届かないと思うのですが、カスタマーサービス側としては

該当の出品者について、現時点で明確な問題を確認することができない状況となっております。

という回答でした。

 

じゃあどうしたらいいの? ということなんですが、これについては「待つしかない」と。今回のケースでいえば、とりあえず5/9まで待ってくれ。そしたらAmazonマーケットプレイス保証を申請できるから、ということでした。

言われてみれば、というか逆の立場で考えたら確かにそうですね。たぶん不正アカウントなんだろうな~とは感じていても、明確な問題がない限りは断定できません。正常な業者(アカウント)でも配送の遅れとかはあるでしょうからね。なので面倒ではありますが、ゴールデンウイーク明けにでももう一度サポートに問い合わせてみようと思います。

 

ちなみにweb上からAmazonマーケットプレイス保証を申請してもいいし、今回のようにチャットで申請することもできるようです。

というわけで、Amazonマーケットプレイスの激安出品、詐欺業者にはくれぐれもご注意くださいませ<(_ _)> 安いからって私みたいに飛びつかないように! もれなく面倒くさいことになりますw

 

 

商品が届かない!  粘土がとどく!? 荒れるマーケットプレイス

問題がどんどん表面化して拡大しているamazonのマーケットプレイス詐欺。マーケットプレイスというのは企業や個人が「Amazon」という "のれん" を借りて商売ができるプラットフォームであり、アマゾンの「知名度」と「信頼度」によって成り立っていたと思うのですが、今回の一連の問題で、この信頼が大きく崩れることになりました。

やはり消費者の心理としては、たとえマーケットプレイスであろうと「アマゾンだから大丈夫」という安心感があるわけですね。だから信頼して買い物できたわけですが、これだけ詐欺アカウントが増殖し、問題が大きくなると、信頼感は完全に崩壊です。

 

少しずつ見えてきたのは、休眠していた販売用のアカウントが乗っ取られているということ。わたしはマーケットプレイスで出品したことがないので、どういう手順でアカウントが作れるのか? 審査はどうなってるのか? といったことは分からないのですが、アカウントが悪徳業者に乗っ取られ、身に覚えのない電話や、大量に送られてくるメールに困っているという元販売者もいるようです。

購入者サイドにとっても、まず、個人情報が詐欺業者に知られてしまうという気持ち悪さがあります。商品自体はほぼ100%届かないので別に構わないのですが、なかには「粘土が送られてくる」という報告もありw、それはそれで恐ろしいと思う次第です。

ちなみに私の方は、4/26日に注文した商品が、4/27の深夜に返金処理されました。理由は「アカウントの調整」。返金処理されたので、これでAmazonマーケットプレイス保証に申請する必要もなくなりました。

いろいろなところで憶測がささやかれていますが、今回の「Amazonマーケットプレイス詐欺問題」の真意、悪徳業者の「ほんとうの狙い」が何なのが知りたいです。とにかく混乱し、Amazon内部はもちろん、購入者も、そして正規のマーケットプレイス出品者もみんな迷惑してるわけですが、いったい何がしたくてやってるんでしょうか?

 

 

Amazonマーケットプレイスの詐欺被害を避けるために

こうなるとどうしても「騒ぎが収まるまでは、しばらくアマゾンでの買い物を控えよう」という心境になるかと思うのですが、確実に詐欺業者を避けて買い物をするのであれば、Amazon本家から購入するしかないですね。もしマーケットプレイスを使うのであれば「Amazonの配送センターから発送」される商品を選ぶようにする。

当面は「Amazon本家」からしか買わない。マーケットプレイスを利用するのであれば「Amazonの配送センターから発送」されている商品を選ぶ。

 

あきらかな激安出品であったり、特定商取引法に基づく表記がない、新規出品者で名前や住所が外国になっている、というのはすぐに見分けが付くので避けられると思いますが、面倒なのは微妙なラインの価格帯で販売している出品者、さらに過去に評価がついているようなアカウントですね。

このあたりは判断が難しいです。ちょい安の値段で出品されていて、しかも☆が付いてたりすると、つい信用しそうになりますが、出品者をちゃんと確認した方がいいです。

 

あと「騙されたやつが悪い」みたいなコメントも見かけるんだけど、それもちょっと違うかなと。やはりマーケットプレイスとはいえ、Amazonという「のれん」が信用度を高めて、スムーズに購買につながっていたという事実があるわけだから。出品者というよりかは、amazonから出品されてるんだから大丈夫という暗黙の安心感みたいなものがあって、それで購入しちゃった人も多いと思うので。

今後はマーケットプレイスの出品者になるための敷居が高くなると思われますが、ともかく今現在大量にあるであろう休眠アカウントと、それの乗っ取り対策がまずは先決ですね。いずれにしても今後のamazonの対応に注目です。

 

 

Amazon詐欺にあったときの対応は、とりあえず「返金」を待て

2017年5月28日現在、マーケットプレイスの状態はどうなっているかと思いAmazonを覗いてみましたが、まだバリバリ詐欺出品されてますね。事態はいまだ収束していないようです。

ということは、おそらく今後もマーケットプレイスの詐欺被害に遭ってしまう方が増えるのかと思われますが、怪しいアカウントからは購入しないというのは前提にあるとして、もし今後アマゾン詐欺に遭ってしまったら、どう対応したらいいのか? ということなんですが。

すぐにAmazonのカスタマーサービスに問い合わせる

もし購入してすぐに異変に気が付いた場合は、まずAmazonのカスタマーサービスに問い合わせましょう。そこで事情を説明します。ちなみに「電話」「メール」「チャット」の3つの方法で問い合せできます。

で、そこで明らかにアカウント自体に問題があるケースが一定割合あると思いますので、その場合は「Amazonマーケットプレイス保証」を申請します。電話やチャットであれば、そのまま担当スタッフが申請を代行してくれます。

返金処理されているか、しっかり確認する

すぐに異変に気が付いたんだけど、まだAmazonマーケットプレイス保証は申請できないとき、または注文したはずの商品がいつまでも届かなくて、ようやくamazon詐欺に遭ったっぽいことに気づいたとき、そんなときは「返金処理」されているかどうかを確認します。

おそらくほとんどのケースでは、購入から一定期間がたったら「返金処理」されるはずです。返金理由は「アカウントの調整」など超適当ですが、ともかく返金の手続きがされれば金銭的な損害はありませんので、Amazonマーケットプレイス保証に申請する必要もありません。

ので、マケプレの詐欺アカウントから購入してしまったときは「返金処理」されているかどうかを確認する。大抵は返金になるので、なんか気持ち悪いけどとりあえずオッケー。で、しばらく待って商品も届かないし返金処理も行われない、このようなケースだけAmazonマーケットプレイス保証に申請すればよいかと思います。

 

レクタングル大(336×280)

レクタングル大(336×280)

人生の『ヒント』が見つかるかも

-生き方・ライフスタイル

Copyright© たぬまん , 2017 AllRights Reserved.