自分自身を100%生き、人生をエンジョイしながら、毎日をゴキゲンに過ごす。

たぬまん

旅行・おでかけ

北茨城の五浦温泉(いづら)五浦観光ホテルに宿泊。津波で被害にあった六角堂も再建!!

投稿日:2016年11月2日 更新日:

dscf6323-1

北茨城市にある五浦温泉に行ってきました。

予約はこちら五浦観光ホテル 別館 大観荘

 

五浦・・、これ、なんて読むの?と思ってましたが、

『いづら』・『いつうら』、どっちの読み方も正解のようです。
ここではとりあえず、

五浦温泉(いづらおんせん)としておきます。

美術家が愛した五浦海岸

場所を確認しておきましょう。

東京から水戸を超えて北上すること約170キロ。
ほぼ福島県との県境にあり、
いわき市の南に位置する北茨城市に五浦温泉はあります。

横山大観岡倉天心 など
多くの美術家が愛した土地です。

 

 

五浦観光ホテルには「本館」と「別館」があります

五浦観光ホテルには「本館」と「別館」があるのですが、
我々が泊ったのは本館横を通り過ぎて、
さらに奥にある別館の方です。

宿泊したその日は、本館の方はお休みで、
別館も2棟あるうちの1棟は休館しているとのこと。

福島第一原発からはかなり離れていますが、
それでも客離れは避けられないでしょうし、
いまだ震災の影響を引きづってしまっている印象を受けました。

 

でも、

お部屋も
温泉も
スタッフの皆さまも

すごく良かったです!!

玄関前からお出迎えがあり、
笑顔で挨拶してくれて、
館内のもろもろを丁寧に説明してくれて・・・、

 

なんというか、
上から目線にとらないでほしいのですが、

スタッフひとり一人の教育が行き届いていて、
滞在していてとても気持ちのいいお宿でした。

お出迎えなんかされちゃって、
ほんと「恐縮です」って感じでした(笑)。

 

潮騒のささやきと松風香る和洋室

案内されたのはベッドもある和洋室タイプのお部屋。
部屋からの眺望はいまいちでしたが、
高級感があって思わずテンションが上がってしまいました。

izura_004

おもてなしのお茶菓子。
塩の舞(塩ようかん)も美味しかったです。

izura_005

で、部屋にあった瓶ビールを流し込んだあとは、
ベイビーがいるため、
家族で入れる貸切風呂へ向かいます。

dscf6260-1

ちなみに瓶ビールは、1本700円なり。

いつも第三のビールを飲んでる私としては高いですけど、
まあ、お宿的にはよくある価格帯ですかね。

 

貸切露天風呂「椿の湯」

izura_002

足を伸ばして入れる広々とした露天風呂。
浅めで10ヵ月の子供がたっちできるくらいの深さ。
ちょうど良かったです。

 

夕食

で、風呂に入ったあとは、お楽しみの夕食なんですが、
子どもがいるため慌ただしく、
ろくに写真が撮れませんでした……

食事を済ませ、
部屋に戻る前にかろうじて一枚だけ収めたのですが、
こんな感じの会場です。

結婚式とかもできそうな雰囲気でした。

dscf6263-1

お料理はどれも美味しかったです。
カサゴの煮つけもうまかった。

奇跡的に「献立表」だけ残っておりました。

dscf6359-1

あと、

別途、子ども用に少量のごはんを持ってきてくれたり、
お皿とスプーンセットを貸してくれたりと、
スタッフの皆さんの心遣いがとてもありがたかったです。

 

露天風呂へとつづく幻想的な渡り廊下

これはお風呂に向かうまでの渡り廊下。

dscf6279-1

ちょっと「千と千尋の神隠し」を思わせるような
雰囲気のあるつくりになっていて、
すごくいい感じでした。

湯上りどころでは冷たい水が用意されていて、
外には広いテラスもあります。
明るい時間だったらテラスも気持ちいいと思います。

こちらはテラスで撮った一枚。

dscf6287-1

 

太平洋眺望 天然温泉「大観の湯」

で、肝心の露天風呂の写真がないのですが……
パンフの画像ですみません。

とても素晴らしい温泉でした。

dscf6341-1

成分が「ナトリウムカルシウム塩化物泉」

ということで、
舐めるとちょっとしょっぱかったです。

 

周辺の見どころ

五浦六角堂

izura_006

明治38年に岡倉天心が自ら設計したもので、「観瀾亭」ともいわれ、杜甫の草堂、仏堂、茶室を兼ね備え、朱塗りの外壁と屋根に宝珠を装った六角形の建物です。五浦海岸の茨城大学五浦美術文化研究所内にあり、天心が読書と思索にふけった場所といわれています。

参考ページ五浦六角堂 (北茨城市) | 観光いばらき(茨城県の観光情報ポータルサイト)

震災の津波により流出してしまったそうですが、
現在は再建されています。

 

五浦岬公園

izura_007

ここから太平洋越しに臨む朱色の六角堂と岩礁に砕け散る波、緑の松林が織りなす風景は、一枚の絵画のようで一見の価値があります。
太平洋に突き出す大津岬の突端にあり、名勝・五浦海岸を望むベストスポット。園内は散策路が整備されており、ベンチや屋根付きの休息所もある。晴れた日にはランチもおすすめ。

参考ページ五浦岬公園|北茨城市観光協会公式ホームページ

 

なかなかいい感じの公園でしたが、
嫁さんは

「なんか、火曜サスペンスに出てきそう」

と申しておりました(笑)

で、ちょっと歩きますと、
奥に階段で登れる4階建てくらいの塔(展望台?)がありまして、
実際に登ってみたのですが、(※結構高いので怖いです)

太平洋が一望できて、
また違った角度から、
五浦観光ホテル、六角堂なども確認できます。

展望台の上から撮った写真がこちら。

pic_0038-1

正面やや左に見えるのが
今回お世話になった五浦観光ホテル(別館)で、
左側中央にちっちゃく見える赤い建物が六角堂です。

ということで、五浦温泉、
とってもいいところでした!!

また機会があったらお邪魔したいと思います。

予約はこちら五浦観光ホテル 別館 大観荘

 

レクタングル大(336×280)

レクタングル大(336×280)

人生の『ヒント』が見つかるかも

-旅行・おでかけ

Copyright© たぬまん , 2017 All Rights Reserved.