自分自身を100%生き、人生をエンジョイしながら、毎日をゴキゲンに過ごす。

たぬまん

筋トレ 生き方・ライフスタイル

[可変式ダンベル口コミ] Amazonで買ったアジャスタブルダンベル(40kg)が素晴らしい。価格4万円なり

投稿日:

自宅で筋トレするならアジャスタブルダンベルでしょ

こんにちは、たぬまんです。
自宅で筋トレしたいと思い、ちっちゃなホームジムを作りました。

省スペースのホームジム作成!これでいつでも家で筋トレできちゃうよ

もくじ - INDEX1 狭くても大丈夫! 1畳半あればホームジムは作れます2 ジョイントマットを敷く2.1 EMPT製トレーニングマット3 インクラインベンチを組み立てる3.1 リーディングエッジ3 ...

まあホームジムといっても、買ったのはベンチとダンベルだけなんですけどw

 

こういうマシンを買うという選択肢もあったのですが、かさばるし、デカいものは後からでも買えますから、まずはもっともシンプルなスタイルでということで、この組み合わせになりました。ぶっちゃけベンチとダンベルがあればかなりのトレーニングができるので。

 

 

Amazonで購入した可変式ダンベル(40kg×2個セット)

で、ダンベルはこういうやつが人気があって、ちょっと迷ったのですが、

 

結局、可変式のダンベル、ダイヤル式のアジャスタブルダンベルに決めました。これです。

 

 

はっきりいってこれが、

 

大正解でした(^^)

 

もうね、重さを変えるのが超スピーディなんですよ。セットして横にあるダイヤルをカチャカチャ回すだけ。ほんの数秒です。

もう一度台にセットして、カチン、カチンっとダイヤルを回すだけで、簡単に重さを変えられます。

 

 

ダイヤル式だから重さの変更が超はやい!

アイロテックとかのラバーダンベルだと、どうしてもプレートの付け替えが必要じゃないですか。毎回ロックナットをくるくる回して外して、重さを変えて、またロックナットを締める・・・、この一連の動作が。

時間的にもロスだし、きっと面倒くさくなるだろうなと思ってアジャスタブルダンベルにしたんだけど、これがマジで大正解でした。ノンストレスでダンベルの重さを変えられます。

ので、自宅筋トレ用にダンベルセットを探している方は、可変式のダンベルも候補に入れるといいです。まじで便利なので。

 

 

大は小を兼ねるので重さは40キロの方を選択

重さについては、24kgのタイプと40kgのタイプがあって、これもどっちにしようかちょっと迷ったのですが、40キロのタイプに決めました。

なぜかというと、重さを足すことができないからです。大は小を兼ねるじゃないですが、上限が40キロあって、10キロとか15キロで筋トレする分には問題ないわけですが、24キロのを買っちゃって、30キロにしたいといってもそれはできないわけで。

その辺を考慮して大きめの40kgタイプを選びました。

 

 

価格は2個セットで約4万円。高いけどBowflexと比べたら半額

値段は2個セットで、およそ4万円しました。ダンベルとしては高いけど、Bowflex(ボウフレックス)とかと比べると安いですね。ボウフレックスだと2個セットで倍の8万円くらいしちゃうので。

ちなみに私は大和実業株式会社というところから購入しました。で、似たような商品がほかにもあるんだけど、英語で書かれた説明書なんかを見ても商品は海外から仕入れてるもので、見るかぎり、おそらくモノ自体はおなじなんじゃないかと思います。ちがうとしても大差はないのかと。

 

なのでMRG(エムアールジー)でもワイルドフィットでも、どこで買ってもいいんじゃないかと思います。そのとき一番安いところで買えば。

 

ということで、自宅の筋トレ用にダンベルを探しているあなた。アジャスタブルダンベル最高です。

ただ配送時、ダンベルが入った段ボールは超絶重たいので、そこだけ気を付けてくださいw 腰がやられるのでバラして部屋に入れるのが吉です。

 

  • この記事を書いた人
たぬまん

たぬまん

インターネットを使ったビジネスに取り組み、かれこれ15年ほど経ちます。現在は小さな会社を経営していますが、はじめはバイトしながらのスタートでした。いまハマってるのは筋トレですw

-筋トレ, 生き方・ライフスタイル

Copyright© たぬまん , 2018 All Rights Reserved.